早川

2014年11月21日

ショット復調!松山、4差11位「良くなってきた」

ダンロップ・フェニックス第1日(20日、宮崎・フェニックスCC、7027ヤード、パー71)7月の「長嶋茂雄招待セガサミーカップ」(17位)以来4カ月ぶりの日本ツアー見参。松山は、11位と上々の発進だ。

 「良くなってきた。そんなに悪い気はしない」

 新ドライバー(ダンロップスポーツ・スリクソンZ745プロトタイプ)を手にして挑んだ初日のドライビングディスタンスは、293ヤードでランク2位。「(微調整は)もういらない」というティーショットとともに、第2打以降の手応えも十分だ。「スイングが良くなってきている」。3メートル前後のバーディーチャンスを続々と作り、後半の5番からは3連続バーディーを奪った。

 「パットの距離感も対応できてきた。ストローク自体が良くなっている」。68というスコア以上に、爆発の予感を漂わせた。


上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。