早川

スポンサーリンク

上記の広告は、30日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  

Posted by のらんば長崎運営事務局 at

2015年02月23日

国内男子メジャー初戦が今週開幕

国内男子メジャー初戦が今週開幕
<日本プロゴルフ選手権大会 日清カップヌードル杯 事前情報◇3日◇ゴールデンバレーゴルフ倶楽部(7,233ヤード?パー72)>

 国内男子ツアーの今季メジャー初戦「日本プロゴルフ選手権大会 日清カップヌードル杯」が6月5日(木)にいよいよ開幕する。


 この日はペアリングが発表され、昨年覇者のキム?ヒョンソン(韓国)はホストプロの池田勇太と今季欧州ツアーで戦ってきた新鋭?川村昌弘と同組になった。キムは米国時間の2日に米国で行われた「全米オープン」の予選会に出場。かなりの強行スケジュールで今大会に参戦するが、今季もここまで賞金ランク2位と好調を維持しており連覇をはたせるか注目される。[
なお、宮里優作は谷口徹、小平智と同組に、藤田寛之は田中秀道、深堀圭一郎と同組となった。

 今年で82回目の開催となるこの大会。会場の兵庫県にあるゴールデンバレーゴルフ倶楽部は難易度の高さで有名なコースとなっている。歴史のあるこの大舞台で難コースを制し“プロ最強”の栄冠をつかむのは誰になるのか。

  


Posted by 早川 at 12:25Comments(0)

2015年02月13日

シード復帰を目指す今田竜二

<AT&Tペブルビーチ・ナショナル・プロアマ 初日◇12日◇ペブルビーチGL(6,816yd・パー72)他>

 「AT&Tペブルビーチナショナルプロアマ」の初日。ここ数年は下部ツアーを主戦場として戦う今田竜二が1月の「ソニーオープン」以来のPGAツアーに出場。共に14歳で単身渡米しフロリダで腕を磨いた盟友・貞方章男をキャディに起用して、3アンダー38位タイとまずまずのスタートを決めた。
 今大会はペブルビーチGL、モントレーペニンシュラCC、スパイグラスヒルGCと3コースを使用して行われるプロアマ大会。今田は初日もっともスコアが出にくいとされるスパイグラスヒルGCをラウンドした。3番でボギーが先行するも4番、5番と連続バーディを奪ってすぐさまカムバック。7番パー5でバーディを奪ったあと8番はボギーとしたものの、後半は11番、17番と2つのバーディを奪ってスコアを伸ばした。

 スパイグラスヒルGCは海沿いながら林にセパレートされたホールも多く、ショットの正確性が求められる。この日はフェアウェイキープ率、パーオン率共に苦しんだが生命線のショートゲームでカバーして見せた。貞方とのコンビネーションも抜群で、「ラウンド中もアドバイスをもらえる」とプロゴルファー同士ならではの相乗効果を発揮した。

 明日は決勝ラウンドの舞台となるホストコースのペブルビーチGLをラウンド予定。最終日に好位置で帰ってくるためにも大事な2日目となる  


Posted by 早川 at 11:14Comments(0)